簡潔な文章だった。

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

アンチレジスト上級戦闘員召集会議の件

 

以下の者は、アンチレジスト上級戦闘員召集会議への出席を命ずる。

 

・神崎 綾

・シオン イワーノヴナ 如月

・鷹宮 美樹

・…

・…

・…

 

日時:2010年8月24日

21:00より

 

場所:アンチレジスト地下訓練場 第9会議室

 

以上

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 

 

 

 

「 迷うかもと思って余裕もって出て来たけど、一本道だったから結構時間あるなぁ。 というか上級戦闘員なんてランク付けあったんだ…当たり前だけど全員知らないし…」

 

A4用紙に書かれた無機質な文書を読みながら、街を歩けば誰もが振り返るであろう美少女が長い廊下をこつこつと足音を立てながら歩く。ショート丈のセーラー服。ミニスカートから伸びた健康的な足。手のひらには革製の指だしグローブ。

神崎 綾。

1ヶ月前に母校にて人妖、涼と対峙し、辛くも引き分けたアンチレジストの上級戦闘員。人妖討伐へ送り込まれた戦闘員のほぼ全員が行方不明となる中、彼女とその友人、友香は帰還に成功した。つい先日退院した綾は、涼との再戦に向け退院後すぐに通常通りのトレーニングを再開していた。

 

「今までこんな会議なんてしたこと無いし、もしかして何か進展が…。だったらすぐにでも!」

 

招集の紙をくしゃっと丸めると、そのまま胸の前で拳をバシッと合わせる。意気込みは十分だった。ファーザーに掛け合い、不良品の対人妖グローブも交換してもらった。
すぐにでも戦いたい。綾は場合によっては会議中にファーザーに次の戦闘も自分に任せてもらうように進言するつもりだった。

もうすぐ第9会議室に着く。ドアが見えてくる頃、廊下の向こう側からも歩いてくる女性がいた。

 

「あ…うわぁ…」

 

女性の綾ですら息をのむほどの美少女が歩いて来た。すらりと伸びた手足。一本一本が絡まることの無い絹糸のような金髪のロングヘアをツインテールで纏め、透き通った緑色の瞳からは知性が感じられた。 綾の隣の区の名門校の制服を来ていたので、歳はおそらく自分とそう変わらないだろう。しかし、うつむき加減で自分の足下を見て歩く彼女の表情はやや暗く、何か作り物のような雰囲気を醸し出していた。

しかしその女性は、近寄りがたい…と一瞬思った綾を見つけるとにこりと笑って話しかけて来た。

 

「こんにちは。あの、もしかして会議に?」

 

「えっ?あっ?は、はい!そうです。あの…上級戦闘員の…」

 

「ああ!私もなんですよー!はぅー、よかったー。1人で入るの心細かったんです」

 

その雰囲気からは想像がつかない喋り方と、コロコロと表情を変え、親しみやすい笑顔を向けてくる女性に綾はすぐに好感を持った。

 

「あの、私、神崎綾って言います。よろしくおねがいします」

 

「ええっ?あなたが綾さん!?はわー。噂は聞いてます。成績は殆ど1位ですよね?しかも1ヶ月前に人妖と戦闘して生還したとか。あの、お怪我はもう?」

 

彼女の身長が10㎝くらい縮んだ気がした。綾が、なんだか可愛い人だなと思って見とれていると、彼女ははっとして付け加えた。

 

「す、すみません。私自己紹介してなかったですね。私は、如月シオンと言います。父がロシア人で、母が日本人なんです。といっても、ロシア語は全く話せませんけどね~」

 

と言ってシオンは「んふふ」と笑った。綾も人懐っこい性格をしているので、2人はすぐに打ち解けることができた。シオンは実戦経験こそ無いものの、シミュレーション訓練では綾に迫る成績をたたき出していた。学校の成績も優秀でスポーツも得意だが、将来はどこかの家のメイドになりたいと、どこかずれた夢を語り綾は思わずコケそうになった。

 

 

 

会議は綾とシオンを含む上級戦闘員5名とオペレーターの幹部が3名。ファーザーは例によって音声のみでの参加となった。円卓に座った8人全員、正面のスクリーンとスピーカーから聞こえてくるファーザーの声に耳を傾けた。

 

『今日集まってもらったのは他でもない。今後の人妖討伐作戦についてだ。正直に言って、作戦において戦闘員が帰還できる確率は低い。だが、ここにいる神崎綾が1ヶ月前の人妖討伐任務からの帰還に成功した。今日はその体験を全員に話してほしい」

 

「あ、は、はい」

 

いきなり話を振られ、若干戸惑ったものの、綾は思い出せるだけのことを全員に話した。

 

『綾、ご苦労だった。人妖の生態についてはかなり貴重な情報だ。次は悪いニュースだが、先日廃工場に人妖討伐に向かった由里と由羅の2人は、3日経った今でも連絡がつかない…。おそらく、奴らの手に落ちたものと思われる。だが、彼女らの作戦の前にオペレーターが工場内の数カ所にカメラを付けることに成功していた。ボイラー室のカメラに映っていた映像なんだが…まずは見てもらおう…』

 

その映像に、会議室にいた全員が息をのんだ。最初こそ優勢だった由里と由羅だが、次第に技のキレやスピードが無くなり、徐々に劣勢に追い込まれて行った。後半はほぼ一方的に2人が交互にいたぶられるのみとなり、男の拳がボイラーに縛り付けられた2人の腹部にめり込むたび、オペレーターから小さな悲鳴が上がった。最後は由里と由羅の2人が男の性器に奉仕を開始したところで映像が終わった。

 

『綾の証言から、人妖は人を魅了するチャームと呼ばれる体液…人間で言えば唾液や精液のようなものだが、それで人間の精神を操ることが分かった。しかし、この映像では人妖の動きや特徴、2人の急激な戦力低下から、おそらく汗にも何らかの効果があると考えられる。気化した汗や体臭に、人間の筋力を低下させる効果があってもおかしくない』

 

「ひどい……こんなことって……」

 

シオンが複雑な表情を浮かべながら、祈るように机の上で手を組む。綾も複雑な心境だった。自分も友香がいなければ、あの2人のように人妖の手に堕ちていたことは自分が一番良く知っていたからだ。

 

『2人には気の毒だが、我々は先に進まなねばならない』

 

重い空気の会議室に、ファーザー声が響いた。

 

『次の人妖の居場所が分かった。アナスタシア聖書学院。ここでも男性型の人妖の反応があった』