「ん…………うぅ……」
 どれくらい時間が経っただろうか。
 先ほどと同じ部屋。シオンは固い床の上で目を覚ました。
 視界にはまだ薄靄がかかり明確ではないが、本能的に身体を点検する。幸い、腹部に疼痛が残る以外は、腱や骨、関節や首に大きなダメージは無い。誰かわからないが、いつの間にか汚された身体はある程度綺麗に清拭されている。衣服に白くこびり付いた残滓と口の中に残る後味がわずかに不快なだけだった。
「くっ……」
 横座りのまま上体を起こす。異様に身体が重い。それに加え、なぜか身体の中がじんわりと熱を持っている。
「お目覚めかしら?」
 突然の声にびくりと振り向くと、冷子がモデルのような姿勢で椅子に座りながらシオンを見下ろしていた。握りこぶしの上に鋭い顎を乗せ、すらりと伸びた足を妖艶に組んでいる。 
「ずいぶんと派手に汚されたわねぇ。愛されててうらやましいわ。一応身体は拭いておいてあげたけど、それでも落ちなかった所は我慢してね……」
「篠崎先生……」
 ハッキリしない意識の中で数秒間ぼうっ冷子を見つめていたシオンだったが、頭の中に生徒達の映像がよぎると慌てて声を上げた。 
「あ、あのっ! み、皆さんは? 皆さんはどこへ行かれたのですか!?」
「はぁ? 皆さんってあの男子部員達のこと? あっきれた……。貴女あいつらに何されたか憶えてないの? 今更、生きてようが死んでようが関係ないでしょう?」
 冷子は吐き捨てるように言うと、軽蔑の視線をシオンに送る。しかし、シオンは必死に縋り付いた。
「か……彼らは薬で一時的に前後不明になっていただけです! 無事なんですか? 後遺症とかは無いんですか?」
「貴女馬鹿じゃないの? 馬鹿じゃなかったら吐き気がするほどのお人好しね。本当にむかつくわ。安物のチョコレートじゃあるまいし、ゲロ甘なのも大概にしなさいよ? 虫酸が走るのよ。貴女みたいなお人好しを見てるとね……」
 薄暗い部屋の中、冷子の声は氷で出来たナイフのように冷たく響いた。椅子から立ち上がると、硬質な靴音を立ててシオンに近づき、髪の毛を掴み無理矢理立たせる。
「あうっ!? 痛ぃ!」
「なんで貴女はそんなに他人を信用出来るのよ? 性善説なんて地動説と同じくらい馬鹿げた理論だって誰でも知ってるでしょう? 人間なんて立場が変われば他人を平気で裏切るし、すぐに殺し合いを始める屑以下の存在じゃない。同族同士で共食いする生き物なんて、蜘蛛やカマキリみたいな虫ケラと人間だけよ……。もっとも、同族同士で憎み合うだけならまだしも、他の生き物にまで迷惑をかけている分、人間の方がタチが悪いわよねぇ……?」
「な……何でそんなに……人間を憎むんですか……?」
 シオンは冷子の手首を掴み、これ以上髪の毛を引っ張られないように押さえる。しかし冷子の握力は凄まじく、シオンの力ではとても解けそうも無かった。冷子は一瞬真剣な表情になり何かを言いかけたが、すぐに元のあざ笑う様な表情に戻った。
「…………さてねぇ」
「な……何か訳があるなら聞かせて下さい……! 私達も……話せば分かり合え……うぐうっ!?」
 シオンが言葉をすべて発する前に、冷子の貫手がシオンの下腹部に鋭くめり込んだ。女性の急所である子宮をピンポイントで突かれ、シオンの顔がみるみる青ざめていく。
「あまり舐めたこと言ってると本気で殺すわよ? 他人の心配より自分の心配でもしたら? 貴女の若さで子供が出来ない身体になるのも辛いでしょう?」
「あ……あぐっ……!? あ……ああぁ……」
「ふふ……せめてもの情けよ。しばらく黙っていなさい」
  冷子はシオンの下腹部から指を引き抜くと、拳を握ってシオンの鳩尾を突いた。
「ぎゅぶぅっ!? うぐあぁぁぁ!」
 シオンの口から今まで聞いたことの無いような悲鳴が吐き出される。あれほど重かったボクシング部のパンチの威力を軽く凌駕する冷子の一撃が鳩尾に捻り込むように突き刺さった。冷子の言葉通り、この一撃がシオンの子宮に向けられていたら確実に後遺症が残っていただろう。
 冷子がシオンの髪を解放すると同時に、シオンは膝を折って崩れ落ちた。失神こそしなかったものの、日本人より白いシオンの肌は、もはや青いと言っていいほど血の気が引いていた。。
「いつかその善人面した仮面が剥がれて醜い素顔が出てくると思ったけど、ここまで分厚い仮面もなかなか無いわね。人間なんて所詮は上辺だけで、最後には自分さえ良ければそれで良いのよ。あなただってその気になればあいつらを皆殺しにして逃げることだって出来たでしょうに、無抵抗にされるがまま……。ふん……まぁいいわ。無事よ。能無し共は別の部屋でぐっすり眠ってるわ」
 シオンの表情がわずかに緩んだ。冷子の言葉に嘘は感じられなかったし、彼らも厳しい練習を積んでそれなりに鍛えている。怪我を負っていないのであれば、逃げ出すチャンスもあるはずだ。
 シオンが鳩尾を両手でかばいながらほっとため息をつくと、部屋の奥から甲高いアラームが響いた。
 カプセルが開き、中から人影がゆっくりと現れる。高身長で引き締まった筋肉質の身体。脇腹に残るナイフの刺し傷。衣服の類いを何も身に付けていない桂木涼が、こめかみを押さえながら二人に近づいた。
「あらあら……こちらもお目醒めね。気分はどう?」
「まだ少しぼんやりしている……軽い二日酔いの様な感じですが、なかなか良好です。やはり自分の身体はいい……」 
「そう、よかった。ところで、補給はどうするの?」
「補給もしたいですが、まずは仮死状態だった頃の老廃物を出したいですね。出来るだけ多くを吸収したいので」
 涼は全裸のまま、一切前を隠そうともせずにうずくまるシオンに近づく。
「早くすっきりするといいわ。この娘には貴方のチャームの配列に似せて合成した疑似チャームを注射しておいたんだけど、まずかったかしら?」
「いやいや、助かりましたよ。まだ本調子ではない中、アンチレジストの相手はいささか疲れますからね」
(合成したチャームを注射……? 私に……?)
 シオンが顔を上げると仁王立ちの涼と目が合った。鼻先に涼の股間があった。シオンは涼の男性器を見た瞬間、身体の中に泡が立つ様な感覚がゾクゾクと沸き上がった。目を逸らそうとしても、不思議と心臓の鼓動が早くなり、視線はそれに釘付けになる。
(な……何……? 何で私……こんなにドキドキしてるの? 身体が……熱い……)
「うふふ……効いているみたいね。そんなに熱い視線で涼のを見つめちゃって……」
「あ……あぁ……あ……」
 目を逸らしたいが身体が言うことを聞かず、様々な感情がシオンの頭の中に浮かんでは消えた。チャームの効果だとわかってはいたが、触りたい欲求は増々強くなる。シオンが生唾を飲み込む音が大きく部屋に響いた。
「そんなに見つめられると興奮しますね。それにしても本当に可愛い娘だ。しかもこんなはしたない格好をして……」
 涼は自分の男性器をしごき始める。まるでシオンに見せつけるようにゆっくりとした動きだったが、性器はすぐに硬度を増し、自分の臍に付きそうなほど反り返っていた。
「あっ……ああっ……す……すごい……もう……こんなに……」
「ふふ……ほら、見て下さい。ガチガチになっているでしょう? 私の頭の中で貴女は今、滅茶苦茶に犯されているのですよ?」
「お、犯されてる……? わ、私が……犯されてるんですか……? あ……ダメ……そんなに太いので……犯さないで下さい……」
 シオンがぼうっとした様子でうわ言のように呟く。涼の自慰を見て興奮しているのは誰が見ても明らかだった。涼の手の動きはどんどん速くなる。先端は既に透明な粘液で濡れ、シオンの鼻先に突きつけられた性器からは強烈な臭いが放たれ始めた。
「すごい……また太く……あぁ……」
「……いい顔になってきましたね……私もそろそろ……」
 シオンの熱っぽい溜息が涼の性器にかかり、興奮が更に高まる。びくびくと痙攣がはじまり、男根の先端をシオンの顔目掛けて構えた。涼の限界が近いことをシオンも悟る。
「お……犯しちゃ……やあっ……やめ……こんなに太くて……逞しいので……あ……ああっ……ビクビクしてる……」
 言葉とは裏腹に、シオンは熱い視線で涼の性器を見つめる。そのまましゃぶりつきそうなほど自らも身を乗り出し、緑色の瞳で切なそうに先走りが出てくる様子を凝視している。
「もうすぐ、たっぷり出してあげますからね。その可愛くていやらしい顔にぶちまけてあげますよ……」
「はぁぁ……あの白くて熱いの出しちゃうんですか……? すごく濃いの……いっぱい出るんですか……? やぁ……か……かけちゃだめ……し……白いの……いっぱい出しちゃだめぇっ……。こ……これ以上かけられたら……私……私……えあぁ……」
 首を振り、口では拒絶の言葉を呟きながらも、 まるでここに出してくれと言っている様に舌を覗かせる。
 涼はすぐに限界を迎えた。涼は微かに声を上げると、性器から白い粘液が崩壊したダムの様にシオンの顔に降り注いだ。量も濃さも常人の数倍はあり、シオンの顔はすぐさま粘液まみれになる。
「あ……で……出る……もうすぐ……出るぅ……。あっ……うぶっ!? ああぁっ!? あ……すごっ……あふぅっ! ま……まだ出て……こ……濃い……」
 あまりの勢いに一瞬目を細めたものの、シオンは顔を背けようともせず、出した舌を引っ込めることもせずに素直に涼の放出を受け止めた。両手はまるで泉の水を掬う聖女の様に胸の前で受け皿のようにかまえ、口からこぼれた粘液を受け止める。
 涼は歯を食いしばりながら放出を続け、溜まりに溜まった粘液をシオンに放出し続けた。

「あーあ、自己満で終了かぁ。つまんないの」
 多数のモニターが放つ青白い光に、あどけなさの残る由里と由羅の顔が照らされている。二人はシオンの居る部屋のあちこちに仕掛けられた隠しカメラの映像を食い入る様に見ていた。 
「仕方ないよ。長いこと仮死状態だったし……。あ……終了じゃないみたい……」
「お、本当だ。オナニーなんかしないでさっさと引ん剝いちゃえばいいのに……。そう言えばさ、人間って何時間犯し続ければ死ぬと思う?」
「んー、分かんないけど興味あるかな……。あのシオンって娘で試してみる?」
「涼が本調子になったら試してみようか? 何ならアンチレジストの他の戦闘員でもいいし」
 「そうね……。あ、ちょっと待って。裏門に……へぇ……思ったより早かったね……」
 隅の方のモニターに動きがあったことを由里は見逃さなかった。
 学院の複数存在する小さな裏門を映したモニターに、身体にぴったりとした黒いウェットスーツの様なものに身を包んだ人影が五人ほど映っている。アンチレジストのオペレーターの装備だ。五人は裏門を開けようと、鍵穴の前で作業をしていた。
 裏門といえどもアナスタシア聖書学院の警備は強固だ。五人は入れ替わりながら作業をしているが、かなり苦戦をしているらしい。
 四苦八苦しているオペレーターの動きが急に慌ただしくなる。オペレーター達が背後の暗がりに向かって、何かを制止する様に手を突き出している。直後、セーラー服を身に付けた少女が一人のオペレーターの肩を踏み台にして跳躍した。二メートル以上はあろうかという裏門を驚くほどの身の軽さで飛び越える。
 茶色を基調としたセーラー服に、指出しのミリタリーグローブ。
 アンチレジストの上級戦闘員、神崎綾だ。
 綾は裏門を飛び越えて敷地内に着地すると振り返り、尻餅をついたオペレーターに拝む様に片手を上げながら頭を下げた。
 周囲で見ていたオペレーターが留まるように指示しているらしいが、綾はそれにかまわず一目散に研究棟の方向に走り出した。
「へぇ……今回の任務に関係無いオペレーターまで来るとはね。命令は出てるの?」
「……出てない。多分自発的に動いてるんじゃないかな……? あの娘の呼びかけだと思う……」
「綾ねぇ……。ま、どっちにしろ今日中にここは離れる予定だったしね。少しくらい早まってもいいか。じゃあ行こうか、由里」
「……そうだね、由羅」
 二人はお互い微嗤み合うと、同時に椅子から立ち上がった。

「ここを離れるまではまだ時間があるし、少しは楽しんでもいいんじゃない? どうせ補給した後は殺しちゃうんだから。そういえば、この娘の胸すごく気持ち良いらしいわよ? 感度も良いし、挟むには十分すぎる大きさでしょ? さっきの男の子なんて射精と同時に失神してたわ」
「もちろん時間一杯まで楽しませていただきますよ。勿体無いですが、引っ越しは荷物が少ないに越したことは無いですから」
 涼は放心したシオンの背後に回り込むと、布越しに胸を鷲掴みにした。「の」の字を描くように乱暴に捏ね回す。愛撫などと呼べるものではなく、ただ自分を満足させるためだけの行為。滑らかな生地越しの胸に指が猛禽類の爪の様に食い込み、ごつごつした指の間からシオンの柔肉がはみ出す。
「あうッ!? い……痛っ……痛い……!」
「おっと、申し訳ありません。あまりにも素晴らしい感触でしたので……。シオンさんは優しくされる方が好きなんですね?」
 涼はシオンのトップスを捲り上げて胸を露出させると、反応を確かめる様に指の先と爪を使って滑る様にシオンの胸を撫でた。まるで一本一本の指が独立し、意志を持った生物のようになめらかな肌の上を這い回る。 
「あ……ふぁっ!? な……あふっ!? はうぅっ!」
 シオンは絶妙な刺激にたまらず声を上げる。産毛を逆撫でされている様なゾクゾクする快感に悶えながら、指を噛んで必死に声を噛み殺した。ソフトタッチで焦らされた後は胸全体をほぐす様に揉みしだき、再びソフトタッチで焦らすが、涼は決して乳首には触れようとしなかった。
 それは時間にすれば三十分ほどであったが、シオンにとっては数時間にも感じられた。シオンは一番触って欲しい場所を触れられずに気が狂うほど焦らされ続け、脱力しきって舌を覗かせたまま、ぐったりと荒い息を吐いていた。意識が飛びそうになった瞬間、突如シオンの胸を這い回る生き物は意図的に避けていた両方の乳首に向かって一斉に集合し、親指と人差し指の腹を使ってしこりをほぐすようにしごきはじめた。
「ふぁ……うぅ……も……もう……無理……。あ……? え……? ふあっ?! うああぁっ!?」
「ふふ……こんなに痙攣して、待ちかねた刺激はいかがですか? もう限界でしょう?」
 涼は右手でシオンの乳首を転がしながら、肩越しに左胸にしゃぶりついた。唇で強引に胸を吸いながら、舌先で乳首を転がすように刺激する。散々焦らされたシオンの脳内に、沸騰しそうなほどの衝撃が走った。
「あああっ! す……吸われて……ッ! 吸っちゃだめぇッ!」
「あらあら……涎垂らしたままそんなによがっちゃって……。うふふ……すごぉい……」
 冷子の笑う声もシオンの耳には届いておらず、ただ大きく身体を仰け反し絶叫しながら目を閉じて快感に身を任せた。
「あっ!? ああっ?! な、何……? ゾクゾクして……うあっ?! や……やあぁぁっ! ああぁぁぁぁッ!」
 元々敏感な身体をした上、合成チャームで感度を更に高められたシオンは玉の汗を浮かべ、その意味も分からないままビクビクと身体を痙攣させた後、背後の涼に身体を預ける様に倒れ込んだ。
「はぁっ……はぁっ……はぁ……な……なに……これ……? 身体が……。んむぅっ!? ん……んぅ……」
 涼がシオンに唇を重ねると、シオンもぼうっとした意識の中で舌を絡める。
「満足してもらえましたか? 今度は私の方を気持ちよくしてもらいますよ」
 涼はシオンの上着を元に戻すと、下から男根を突き込んだ。柔らかい肌はじっとりと汗ばみ、むっちりした弾力が男根を包む。まるで暖めたゼリーに挟まれている様だ。
「お、おおおおおっ! こ、これは確かに凶悪だ。男根がすべて隠れる大きさに……肌触りや弾力も……」
 涼は最初からフルストロークでシオンの柔肉に鋼の様な肉棒を激しく突き込んだ。肌ぶつかる小気味いい破裂音が響き、涼に極上の快楽を送る。
「あっ……あぁ……わ……私……またエッチなことしてる……」
 チャームの効果とはいえ、上気した顔で自分の胸に突き込まれている男根を凝視しながら無意識に呟く言葉は、男性の本能をこの上なく刺激した。天性のものがあるなと涼は思い、射精感は早くも限界まで登り詰める。
「ああっ……ビ、ビクッてなった……。で……出るんですか……? ま……また……白いの……いっぱい出しちゃうんですか……? ふああっ! ま……まだ大きくなるの? す……すごい……」
 悩ましげな上目遣いで熱っぽく呟くシオンに、涼は瞬く間に限界まで追い込まれていった。
「ぐううっ……も、物欲しそうな顔をして……。くおぉっ!」
「あっ! あっ! あっ! ああっ! す、すごいぃ……あ……あああっ!?」
 涼は男根を引き抜くと、顔を目掛けて躊躇うこと無く一気に放出した。シオンの顔を染め上げても放出は止まらず、シオンの半開きの口に男根を突き込む。
「あ……熱いッ……! あ……こんなに……どろどろに……。む……むぐぅっ!? ん……んぅ……んぐぅっ!?」
 シオンは突然口内に男根を押し込まれ、慌てて手と舌で男根を押し出そうとするが、それは更に男根を刺激する行為でしかなかった。激しい涼の放出でシオンの頬は風船のように膨らみ、口内から喉にかけてドクドクと熱い樹液が流し込まれた。シオンは軽い絶頂を味わい、わずかに痙攣しながら焦点の合わない目で涼を見上げる。
 離れた場所で一部始終を見ていた冷子は一通り成り行きを見守った後、シオンにゴミ溜めに群がる蠅を見る様な視線を送る。
「なぁにあの顔? 完全に発情した雌の顔じゃない。なにがアナスタシア創立以来最高の生徒会長よ……。清楚で物静かなお嬢様が聞いてあきれるわね。実際は男のチンポにしゃぶりついて尻尾振ってるただの淫乱だったわ。気持ち悪い……。涼、もう遊びは十分でじょう? その娘に早くぶち込んで粘膜から養分を補給した後、さっさと始末しちゃいなさいよ。私は先に行ってるから」
 冷子はシオンに再び一瞥をくれると、足早に部屋を出て行こうと歩き出した。冷子がドアを開けようとした瞬間に向こうからドアが開き、部屋の中に二人の少女が入って来た。珍しく涼が驚いた顔をしている。シオンもそのは知っていた。アンチレジストの一般戦闘員、由里と由羅だった。